スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
~稔りを生ける♫~ 小さなフラワーアレンジメント
2012/09/27(Thu)
またまた きたかた喜楽里博の体験情報から
今週のおすすめプログラムのご紹介です
23年喜楽里博プログラム 小さなフラワーアレンジ

9月29日(土)13:30から
ふれあい通りの「蔵のまち案内所」で開催いたします

講師はみつい生花店さん
画像は昨年のものです

ていねいに教えてくださるので、
小さなお子様でも体験できますよ

吾亦紅や姫りんご、照り葉に秋の訪れを感じます
何も準備は要りませんが

予約が必要です
みつい生花店 0241-24-2406



スポンサーサイト
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
森姫農園「千世繭子さん」の新刊 ひとつぶのもりのたね
2012/09/26(Wed)
「きたかた喜楽里博」に沢山のプログラムを提供してくださる
森姫農園の千世繭子さん
新刊「ひとつぶのもりのたね」が発売になりました
ひとつぶのもりのたね

農園のある雄国山麓「おぐにっぷ」を舞台に
どうぶつたちの四季のくらしが鮮やかに書かれています

「みのりのえほん」シリーズ4部作の完結編である新刊は
昨年の震災から一歩前へ進むため
背中をおしてくれる作品です

ここで・・・ちょっとだけ
ひとつぶのもりのたね (1)
 
えっ?
千世さんって童話作家だったの?

はい、そうなんです・・・

農園のファンの方も、絵本のファンの方も
「きたかた喜楽里博」森姫農園のワークショップへどうぞお越し下さい

自然と人間の暮らし、大切な「食」などについて
千世さんと直にお話しできるチャンスです

10月5日(金)~14日(日)のアートぶらりーにも参加されています
この期間はワークショップの日でなくても
森姫農園はオープンしています。
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
念ずれば花ひらく 願成寺の詩碑は?
2012/09/25(Tue)
東北観光博覧会が来年の3月まで開催されています。

願成寺にあるこの詩碑が
観光博覧会のホームページに紹介されていたことから
お問い合わせが相次いでいます。
2012.09.22 願成寺 真民さんの碑「念ずれば花ひらく」  004

願成寺の阿弥陀様がいらっしゃる大仏殿に向かって右に据えられています
仏教詩人と言われる「坂村真民さん」の詩の題名です

以下紹介いたします。

念ずれば花ひらく

苦しいとき 母がいつも口にしていた
このことばを わたしも 
いつのころからか となえるようになった
そうして そのたび 
わたしの花が  ふしぎと 
ひとつ ひとつ ひらいていった  


そして真民さんはおっしゃいます
何ごとも、
一所懸命念ずるように
努力すれば
自ずから
道は開けるということである


小さな花でいいのだ、
人にほめられるような大きな美しい花ではなく、
だれからも足をとめて見られなくてもいい、
本当の自分自身の花を咲かせたらいいのだ、
それを神さま仏さまに見てもらえばいいのだ


平成15年 願主は喜多方市在住のご夫婦でした
鳩寿(きゅうじゅ)とありますので
真民さんが90歳の年にあたったのでしょうか・・・

オリンピックイヤーにあたり
頑張った沢山の選手の皆さんが
努力されてきた、そんな思いと

復興へむけての
東北の人々の心の支えになっている言葉だと思うのです
「念ずれば花ひらく」
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
願成寺 平成の大改修工事の見学は9月中がおすすめ!!
2012/09/24(Mon)
2012.09.22 修理中 願成寺裏  007

こちらは上三宮町にある古刹「叶山 願成寺」本堂の大改修工事の様子です。

手前の灯篭と比べていただくとわかりやすいと思います。
かなり高くまで上げられ、基礎の部分が顕になっています。

昨年の大震災に本堂・千仏堂・山門の各建造物に歪みや割れなど甚大な被害が発生、
今後、数百年単位で維持管理するためにも約400年ぶりの大改修が行われています。

2012.09.22 修理中願成寺正面  003

大仏殿のほうから本堂を見ると、屋根の下の茅までご覧いただけます
9月いっぱいは滅多に見られない、この本格的な寺社の大工事を公開していらっしゃるそうです
10月からは仮囲いをするそうです

22日 お彼岸の中日には
郡山から参拝にみえたというご夫婦が
国重要文化財の阿弥陀三尊像に感嘆の声をもらしていらっしゃいました

この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
喜楽里博 ヤングママおすすめは?老麺会ロ~ングキャンペーン
2012/09/21(Fri)
「きたかた喜楽里博」今年は何に参加しようかな?

美味しくてみんなが楽しめるのは?
今日は子育て中の若いママさんから
喜楽里博ラーメン会缶バッチ

仮面ライダーウイザードの指輪と比較できるよう
缶バッチを並べて画像を送ってくれました

「すでに2個、老麺会さんのメニューがバッチになってるんです、これ楽し~
ついつい集めたくなっちゃうんですよ~」

気になる方はこちら、他にもまちあるきクイズやクロスワードが楽しめます

老麺会ポスター

ところで、ご存知でした?
仮面ライダーもついに魔法使いですか(。-_-。)
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きたかた喜楽里博開幕です・・オープニング風景
2012/09/18(Tue)
9月15日は「おたづきが喜多方のへそになる日」
と、いうことで開幕いたしました、「きたかた喜楽里博☆~☆☆」
まずは、こちらの画像から
高所作業車 空

素晴らしい秋空に、蔵のまちを空中から眺めるための「高所作業車」が登場です

そして眺めは? 遠くに雄国の山並み、眼下に蔵のまち「おたづき」です。
高所作業車眺め

おたづきに生まれてその一生を社会福祉にささげた「瓜生岩子」の物語を
昔話伝承館の花見さん、仲川さんのお二人がお話してくださいました。
昔話伝承館

たくさんのグルメコーナーでお買い物をされた方々はこちら「蔵テラス」でお食事です
蔵テラス

暑い中を準備してくださった皆さま、出店していただいた皆さま、お越しいただいた皆さま
本当にありがとうございました。

11月25日までの毎日、どこかで、様々なイベント、体験が開催されます。
こちらのブログでもおすすめ情報をお知らせしてまいりますので、是非喜多方へおいでください。
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
喜楽里博オープニング「おたづき」どんなところ? 蔵密度が高いんです・・・
2012/09/14(Fri)
いよいよ「きたかた喜楽里博」スタートいたします。
画像の菅井屋薬房さん前がステージになります。
菅井屋薬房

明日は「骨董蔵」となる蔵
大森家の蔵

ご存知、蔵粋(くらしっく)小原酒造
南町の蔵並み-3

そして、お向かいには金忠さんの店蔵と豆まるさんの店蔵
金忠145-1-11

おすすめはグルメのブースばかりではありません。

通りの裏にも大きな蔵が並びます。
「むずってみんべぇ」というまちあるきツアーも、普段は見ることができないお庭などスペシャル企画で
ろくさい蔵より 11:00と14:00発の2本催行いたします。
おひとり様500円です。

ろくさいの奥、東町蔵には「瓜生岩子」の資料を展示する「岩子蔵」ができます。
昔話伝承会のお母さんの瓜生岩子物語は11:00、12:00、13:00、14:00
約15分の公演です。

喜多方一蔵密度が高いエリアを
高所から眺めることができるイベントもございます

車両規制がございます
FMきたかた 78.2に合わせると駐車場のご案内をしています
誘導看板もございますので、どうぞ遊びにいらしてください
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「続ける」ことが「続く」こと・・・「きたかた喜楽里博」オープニング準備☆★
2012/09/11(Tue)
6校_オモテ_喜楽里博12オープニングチラシ

いよいよ今週末、第4回目となる「きたかた喜楽里博」がスタートいたします。
総合パンフレットも出来上がりました。

まち歩きのページを新たに加えたり、喜多方を語る人々にご登場いただき、
「私の喜多方イチバン紹介します」という今年のテーマを
各分野でご活躍されている皆さんに語っていただきました。

とはいえ、喜多方は1年中が「きらりと輝くところ」
「冬・きらり」「花・きらり」「なつ・喜楽里」と
その季節ならではのイベントやみどころをご案内してまいりました。

ものづくりやアート、たくさんのアクティビテイ、まち歩きの楽しさ、そして人々
喜多方の観光の懐の深さをもっと沢山の方に知っていただきたいから・・・

少しずつ、少しづつ喜多方の見どころを紹介し「続ける」

そして、「パンフレットできましたか?」
「今年の目玉は?」
「このプログラムが楽しかったです・・・」

そんなお声をいただくことで
次へ「続く」のだと、つくづく思います。

オープニングイベントは9月15日
おたづき蔵通りで開催されます
喜多方市内のご家庭には9月12日の朝刊に折り込みされます
5校_ウラ_喜楽里博12チラシ
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9月10日までの公開です 50万本のひまわり畑☆
2012/09/07(Fri)
連日新聞の紙面やテレビでのご紹介をいただいています
50万本のひまわり畑

2012.09.07ひまわり

来年の菜の花の植え付け作業のため
9月10日までの残り4日間公開になります

山小屋クララも同様に残り4日間は営業いたしておりますので
お手洗いやお飲み物の心配はございません
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
50万本のひまわりに続けっ!! 9月といえば・・・
2012/09/05(Wed)
三ノ倉高原の50万本のひまわり畑には
毎日、沢山のお客様にお越しいただいております

今週中はまだ見頃が続いております
このひまわりに続くのが
そば畑(飯豊山を望む)

はい、そば畑でございます
喜多方市内には沢山のそばが植えつけられております

16日には熊倉町雄国地区で「そばの花ウォーク」も開催されます
詳しくはこちらをご覧下さいませ

http://www.kitakata-kanko.jp/event/detail.php?id=134

刈り取りを向かえた黄金の田んぼ
真っ白いそば畑

集合場所の雄国萩平駐車場から望むパッチワークのような景色
必見です・・・
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お初にお目にかかります・・・黄素馨の花
2012/09/04(Tue)
市役所の正面玄関には、6月から生花店さんによる花のオブジェが作成されています

毎週お花が変わりますので、庁舎においでになる市民の皆さまや観光客の皆さま方から
癒されますね」「「楽しみにしています」と嬉しいお声をかけていただきます

今週のお花は、こんな感じです(写真が下手くそでスミマセン)
2012.09.04市役所玄関花オブジェ 002

そして個人的には「初めてお目にかかります・・」の「黄ソケイ」
2012.09.04市役所玄関

遠目にはセンダイハギかしら?
と思ったのですが、豆科の花ではありません
花屋さんのリストには「ソケイ」とありまして・・?
早速調べてみたところ
「キソケイ:黄素馨」だそうです。

素馨は色が白く(素)良い香り(馨)からついた名前だそうです
ジャスミンの仲間でインドでは葉がアーユルベーダに用いられるそうです

こちら黄素馨は香りはないです・・・
他のお花はテッポウユリ、ソング オブ インディア、フウセントウワタ、アサヒハラン等です

市役所本庁舎においでの際は、是非お立ち寄りくださいませ
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏休みは終わっても・・・楽しいゾ9月!
2012/09/03(Mon)
喜多方では先週から2学期をむかえています。
夏休みが終わって、今日から新学期の皆さまもいらっしゃいますね?

あ~ぁ ため息をつかなくても
9月には3連休がありますよ

はいっ!! こちらでゴザイマス「きたかた喜楽里博」

2012.09.03きたかた喜楽里博ポスターB2最終

9月15日(土)から11月25日(日)
喜多方の秋のイベントや市民の皆さんが主催される催しが盛り沢山の観光博覧会。

期間中は毎日喜多方のどこかで、お得なメニューの提供やものづくり体験などができるんです

今年のテーマは「私の喜多方☆イチバン紹介します」です。

まずはおたづき蔵通りで開催される9月15日のオープニングイベント、
お子様たちが遊べる乗り物やグルメコーナー、
地域の皆さんとのふれあいも楽しめます。

総合パンフレットも出来上がりました。まずはお手にとってご覧くださいませ。
ご用命は喜多方観光協会へどうぞ、お待ちいたしております。
問 0241-24-5200
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。