スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ローズガーデンへ~市民花づくり講座~
2012/06/22(Fri)
花見さんガーデン

花でもてなす喜多方へどうぞ
「花いっぱいコンクール」受賞者のローズガーデンです

熱塩加納町針生の花見徹美さんのオープンガーデンへ
「市民花づくり講座」の皆さんが研修に行かれました

約180種類、200本のバラと
手前の可憐なカンパニュラやシモツケソウなどのような
季節ごとに楽しんでいただける花を含め
春から秋まで楽しめる庭づくりをしておいでです

花見さんガーデン1


花見さんはおっしゃいます
~私のできることで少しでも笑顔をお届けしたい、
震災で避難を余儀なくされている方々にも是非おいでいただきたいのです~

四季咲きのバラはまもなく剪定され7月後半、さらには10月頃も楽しめるのだとか
笑顔があふれる「グリーンサム」、ご一報ください

花見徹美さんのご連絡先は
090-1498-5264まで

お近くには加藤農園さん(36-2887さくらんぼ狩り)もございます
明日からは梅雨の晴れ間が続きそうです

スポンサーサイト
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花とお田植え神事~半夏生~
2012/06/15(Fri)
半夏生
半分夏が生まれると書いて「半夏生」
画像はお花のほうの半夏生です、「烏柄杓(カラスビシャク)」とも言われます

お茶席などでご覧になったかたもいらっしゃるかもしれませんね
こちらもご夫婦でお茶を嗜まれるかたのお庭で撮影させていただきました

7月慶徳お田植え祭り2

もう一つの画像は「半夏生(夏至から11日めにあたる日)」に開催される「慶徳稲荷神社御田植神事」です
今年は閏年で7月1日に執り行われます
昔はこの半夏までに田植えを終え祭りをむかえたそうです

福島県の重要無形民俗文化財に指定され、喜多方ではこの神事を皮切りにまちなかの祭礼も始まるようです

稲の品種改良や育苗など、稲作の研究が進んだ現代においてさえ農家のご苦労は絶えません
まして昔の人々にとって飢饉は命に関わる問題でした。
天明の飢饉を記した「東遊記 補遺」の文章を見ると、飽食の現代人には想像を絶する惨状が書かれています。

「御田植祭り」は五穀豊穣を願い、子孫の繁栄、地域の繁栄を神に祈る大切な日だったのですね
神社に詣で虫除けの御札を貰って田植えの終わった田んぼに挿したのだそうです。

画像の早乙女や大白狐、子白狐は地元慶徳町の子どもさんたちが演じます

今年は日曜日に当たります。
「慶徳公民館(0241-22-1901)」の主催で、
午前中に慶徳町新宮の新宮熊野神社の鑑賞会も開催されます。
10:30と11:30の2回予定されています

早乙女踊りの復活や御田植神事の勉強会など、公民館では地域を学ぶ事業を開催されております

公民館主催鑑賞会の受付をされると「長床」拝観料は無料になるそうです
午後の神事と合わせてご覧ください。



この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
衣替えでクールビズ 
2012/06/01(Fri)
衣替え

今日から山滴る6月です
観光交流課と観光協会は黄色のポロシャツに衣替えをしました
「黄色」はきたかた喜楽里博のテーマカラーです

午前中は少し肌寒いかなと感じる気候でしたが
少し動くと汗ばんできました

きたかた喜楽里博は市民の手作り博覧会
まもなく「夏きらり」という夏の遊び特集号が出来上がります

ホームページでもお知らせいたしますので、ご家族、お友達、カップルで遊びにきてください。

この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。