スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雄国山麓 森姫農園からの眺望
2012/05/30(Wed)
2012.05.26森姫農園 001

夕方 熊倉町の雄国山麓にある森姫農園さんから喜多方盆地を望む風景です
田植えを済ませた田んぼが水をたたえて沢山の湖沼群のように見えます

6月2日・3日はヒルクライムチャレンジレース2012
第1回 喜多方雄国湿原大会が開催されます

2日は受付やイベントの開催
3日は萩平駐車場からパレードランで一度画像の左下の方向にある「辻の地蔵様」のところへ下りスタート
「恋人坂」を通り935mの標高差を一気に上がり雄国湿原の入口標高1143mの「金沢峠」を目指します

画像の森姫農園さんをはじめ雄国農園さんの絶景、ギャラリー隠れ里さんのアート、
イタリア料理のVinoBistro35さんと熊倉地区は雄国沼の玄関町として皆様をおもてなしいたします

PS.雄国沼林道の交通規制はヒルクライムチャレンジの翌週6月9日から7月22日の期間になります



スポンサーサイト
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花いっぱいコンクール 連続受賞者のガーデン
2012/05/17(Thu)
永島さん

いつお邪魔しても季節の花々が迎えてくれます
高郷町大田賀にある永島義雄さんのガーデンを訪ねました

永島さん0516

花好きにはたまらない、永島さんのガーデン
コンクールで連続受賞されています

花を育てるコツや悩みなどを相談にくる方が後を絶たちません

ジュウニヒトエと芝桜が終わると通りに面した場所はオカアヤメが
藤棚は白と紫がもうすぐ見頃を迎えます

立木で半日影をつくり、木かげが好きな花も見事に咲かせていらっしゃいます
「どうぞ、ご自由にご覧ください」
嬉しい言葉です。

訪れる私たちは、永島さんご夫婦にも沢山の花たちにも
「見せてくださいね」
一言かけてお邪魔しましょう・・・
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芝桜が見頃です!三津谷でお花見
2012/05/15(Tue)
P5150006.jpg

見頃を迎えているのは三津谷集落「赤れんが食堂」さんの裏山にある芝桜です。
新緑のなかに一際鮮やかなピンクの絨毯ができており芳しい香りが立ち込めます
紀一さんご夫婦が農作業の合間をぬって裏山に季節の花々の植栽を始められてから7年ぐらいになったでしょうか・・・
山の木を切り出し、土の入れ替えなども含めるともっとかかっているでしょう
「今年はお花見の期間が短かったからね~綺麗な花が見られて嬉しい」
お客様の声に、大変な草むしりの作業は忘れてしまうのだとか

オレンジのヤマツツジ、池の周りの菖蒲
モクレンの横には大手毬
山の上まで続く散策路には紫陽花が続いています
まだまだいろいろな花が咲き続けます

秋には彼岸花も見られるそうです

この山から望む飯豊山も素晴らしく
田植えが始まった田んぼに映る「逆さ飯豊」も今だけの景色です

5軒の集落に8棟の煉瓦蔵が建つ集落、木造校舎が社会教育施設に利用されている
岩月夢想館など絵心のある方には魅力的な集落です

山に入られる時は「赤れんが」さんに一声お掛けくださいね
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月の空とハナミズキ
2012/05/07(Mon)
24年GW画像 014

6日の落雷で電話の調子が悪い観光協会でした
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした

花の情報です
街路樹のハナミズキが見頃を迎えています
午後から天候が快復した5月5日の画像です

121号を喜多方駅方面へ曲がったエリアと塗り物のまち菅原町の通り、
村松から青葉台団地の北側に多く見られます
花弁のように見えるのは総苞(そうほう)というそうです

似ている木で、初夏に咲くヤマボウシは押切川公園周辺でご覧いただけます
美術館・体育館・薬樹園など見頃が近づきましたらお知らせいたします

この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
不動明王坐像の光背に迦楼羅?
2012/05/02(Wed)
太用寺 001

4月29日は太用寺さんの御開帳でした
清涼寺式釈迦如来立像で有名ですが、地元の檀家の皆さんがずっとお守りしてきたお寺さんです。

珍しい画像です

不動明王の光背に鳥の顔がご覧いただけます
檀家の皆さんの許可を得てカメラを向けさせていただきました


不動明王が背負う迦楼羅焔は迦楼羅が吐き出す火炎だそうです
迦楼羅は霊鳥ガルーダですね
私は初めて拝ませていただきました。

興福寺さんの迦楼羅像が頭に浮かびます
煩悩を焼き尽くしてくださるとか

喜多方にはこのように素晴らしい御仏がいらっしゃいます

来年の御開帳は4月最後の日曜日とおっしゃっていました

合掌
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。