スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一ノ戸橋梁ライトアップ
2010/10/17(Sun)
10月16日、17日 岩越鉄道山都駅開通100周年記念イベントが行われました。16日の「一ノ戸橋梁ライトアップ」では、花火が打ち 上げられました。(花火は16日のみ)

動画はこちら↓
スポンサーサイト
この記事のURL | 喜楽里博情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ふれあい通りのアーケード撤去。
2010/10/13(Wed)
_DSC8627.jpg
アーケード撤去中のふれあい通り

ふれあい通りのアーケードの撤去工事が進んでいます。アーケードが撤去されて感じたのは、こんなに多くの蔵を含めた建築物あったのだということ。そして、その多くが魅力的な外観をしていたことです。蔵のまち案内所もアーケードが撤去され、こんなに素敵な建物であったと再発見できました。
_DSC8661.jpg    _DSC8609.jpg
レディス島屋                蔵のまち観光案内所

子どものころから喜多方に住んでいるけれど、アーケードの撤去されたふれあい通りは初めてです。では、初めての街並みを楽しみに行きましょう!
_DSC8815.jpg     _DSC8821.jpg
ラフェスタ・ミッレ・ミリア            堺正章氏

ということで散歩していると、クラシックカーが通過していきます。そこになんと堺正章さんの姿が、「テレビ見てます!応援してます!」とパチリと撮りました!ラフェスタ・ミッレ・ミリアというカーレースの最中でした。これから東京・原宿のゴールを目指します。皆さんかがんばってください!

10月10日(日)本間
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アートぶらりーのボンネットバス
2010/10/09(Sat)
第10回蔵のまちアートぶらりーでは、10月8日~11日まで無料シャトルバスを運行しています。それも英国アスキス社製ボンネットバス。その名もグスコー・ブドリ君。そのバスに会いに行きました。

私、用事でおたづき蔵通りに行っていました。そうしたら、もう午後の3時過ぎ。駅からの最終便には間に合わず。直接、アートぶらりーの会場で待つことにしました。どこで待とうかなと思ったところ、「松陽台・佐野邸」に行くことにしました。

_1.jpg

ここは、「女性6人の小さな手仕事展」の会場になっています。ブドリ君を待つ間に、ギャラリーを見学しました。

_3.jpg

写真はぶどうづるを使った作品の数々。ポーチやバック、そしてお花などを飾るかごなどが迎えてくれました。このギャラリーは、「手仕事の物に囲まれるしあわせ。あったらうれしいと感じる物たち。」がコンセプトです。ほかにもテープルマットや小さなお人形など、手作りの暖かさを感じられる物たちばかりです。きっと生活のふとした瞬間を、鮮やかにしてくれるのだろうなと思います。他に、何が出迎えてくれるのかは、訪れてのお楽しみです! 10月9日~11日までの3日間 10:00~17:00(11日は~16:00) お早めに!

さて、まだ時間があったのでギャラリーの1階にある喫茶店「さくらさくら」へ。高台にあるこの場所からは、喜多方の田園が見渡せるすばらしい景色。私は、そこでケーキセットを注文しましたが、この風景の中で食べるおいしい紅茶とケーキに、まったりしました。

_DSC8581.jpg  5.jpg  _DSC8585.jpg
ということで、ブドリ君に会いました!鼻の長いクラシックなボディーに品のよさを感じました。皆様、ブドリ君に乗ってアートぶらりーを満喫してみてはいかがですか?

無料シャトルバス運行 10月8日~11日 4日間 ※コース・時刻表は 第10回アートぶらりーチラシを参照。 

この記事のURL | 喜楽里博情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二十間蔵でアートに出会う。
2010/10/04(Mon)
今、喜多方では「第10回 蔵のまちアートぶらりー」が行われています(10月1日~31日まで) 喜多方市の30の会場と、西会津町国際芸術村が会場です。10周年記念の統一テーマは、「漆をちょっと意識して」。尚、8日~11日までの4日間は、無料シャトルバスが運行しています。各ギャラリーの説明、シャトルバス時刻表は、「第10回 アートぶらりー」のチラシをご覧ください。※市内各観光案内所・喜多方観光協会(観光交流課内)に設置しています。


さて、今回は小田付・二十間蔵を覗いてみなした!

_DSC8475.jpg
こんな大きな蔵が、小田付にはあるんですね。20間というと約37メートルです。大きい! ここはもともと醸造蔵として使われていたそうです。
_DSC8461.jpg   二十間蔵   _DSC8450.jpg
①古布遊び                ③二十間蔵の男の子      ②小さな展覧会・小楠アキコ氏

なかでは、①蔵に眠る古布を女性三人衆が、おしゃれな小物に再利用した「古布遊び」や②小楠アキコ氏のハッピーな太陽アートを中心とした「小楠アキコ・小さな展覧会(11日・月曜日まで)」が行われていました。③小さな男の子もアートに満足げでしたよ。

_DSC8438.jpg
さらに、2階では、丸山芳子氏の作品が展示されていました。「ヒトとウルシ打々発止の歴史(会津・漆の芸術祭 10月2日~11月23日)」二十間蔵の大きな空間に漆の林が現れ、それとライトが作り出す光と影とが合わさって、とてもきれいでした。

では、喜多方市内で沢山のアート体験ができる「第10回 喜多方アートぶらりー」に、皆様もお出かけください!


この記事のURL | 喜楽里博情報 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。