スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
全国ラーメンフェスタ 出店者紹介 支那そば正月屋(郡山)
2008/12/26(Fri)
ラーメン激戦区、郡山市。人口約34万人の都市に、約600店が軒を連ねます。
全国に数百店舗を展開する「幸楽苑」も、郡山が本社なのです。

それだけに、ラーメン店の流り・廃りが激しいとも聞きます。

その中で、常に安定して高い人気を誇っている店といえば…

3店目は、郡山の真打の登場です。

--------------------------------------------------------------------------
[出店者] 支那そば正月屋(郡山)

[コメント]
 郡山で知らぬ人はいない、とまで言われる正月屋。一流の料亭で修行した店主が、さっぱりした和風のラーメンを作り出します。

 喜多方、白河というご当地を抱える福島県内でも、常に人気店として指折り数えられる理由は、当然ながら美味しいラーメンが食べられることにありますが、麺の太さや茹で加減、丁寧な接客など、お客様への配慮が行き届いている点も、好感がもてると評判なのです。ラーメンフェスタでは、どんなお店になるのか楽しみです。

 麺は、福島県産の小麦(ゆきちから)を中心に独自ブレンドの自家製麺。スープは、産地と品質にこだわりぬいた鶏、ホタテ貝柱、昆布、煮干、鰹節などでダシをとります。

 驚くほど透き通った、品のある和の味。
 主張が強すぎないけれど味があり、濃すぎないからすっきり飲める仕上がりに。

 チャーシューは、ほろりとくずれる柔らかさ。しかもスープの味を邪魔しないシンプルな塩味が、肉のうまみを際立たせます。

 黄金色のスープに浮かぶ麺と具材のハーモニーは、和の品格が漂う究極の一杯なのです。

[写真]
正月屋_web
--------------------------------------------------------------------------

(記者:藤井)

スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
全国ラーメンフェスタ 出店者紹介 龍上海(赤湯)
2008/12/16(Tue)
全国区的な知名度と、日本最古クラスの味噌ラーメン。
ようこそ、喜多方へ。

--------------------------------------------------------------------------
[出店者] 龍上海(赤湯)

[コメント]
 新横浜ラーメン博物館に出店し、今や東北一とも言われる、赤湯辛味噌ラーメン龍上海。

 昭和33年に先代佐藤一美により創業され、製麺から一貫した自家製ラーメンの店として赤湯の町に顧客を定着させてきました。

 この当時は普通のしょうゆ味のラーメンをつくっていましたが、当時は今の時代ほどラーメンは消費されず、仕込んだスープも大半が残る毎日だったようです。

 昭和三十五年のある日、先代一美の脳裏にひらめいたものがありました。
 「そうだ、今、味噌汁代わりに家族で食べているスープを使った新しいラーメンは出来ないだろうか?」からみそラーメンの原型が生まれたのです。

 「からみそは好き嫌いがあるのでスープに混ぜないで、上にのせればいい」等、家族のおもいがけないアイディアも活かされました。

 60種類もの材料が使われた魚介のよく効いた味噌スープ。

 喜多方よりも太いほどの驚きの平打ち麺。モチモチ、シコシコの麺は、こってりスープとの相性も抜群。毎日、毎日、山形から横浜へ輸送される自家製麺が、喜多方にも上陸します。

[写真]
画像 017-1
--------------------------------------------------------------------------

(記者:藤井)
この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
全国ラーメンフェスタ 出店者紹介 麺や雅(札幌)
2008/12/08(Mon)
久々の更新になりました。

この間、全国の超一流のラーメン店さんと「第9回全国ラーメンフェスタ」の
出店交渉を行ってきましたが、遂に決定しました!
観光協会ホームページをご覧ください)

私もラーメン大好き人間なので、喜びもひとしおです。

折角の名店揃い、皆さまに知っていただきたいので、
一店舗ずつ紹介させていただきます。

では、まずは北から。

--------------------------------------------------------------------------
[出店者] 麺や雅(札幌)

[コメント]
 平成10年に北海道石狩市に誕生しました。洋食の店、製麺会社と食の道を歩んできた店主が、生涯の仕事として選んだのが「ラーメン店」だそうです。

 一杯に求めたものは、どこにでも出回っているようなものではなく、雅ならではの味、「麺とスープ」の完璧なおいしさ。

 ラーメン評論家にして、今や「いつ食っても旨い」と言わしめる札幌の一流店は、半端な職人・アルバイトは調理に参加できないといいます。

 厚みがあり、滋味深い味噌スープで3度目の出店になります。一昨年のラーメンフェスタでは、最高の人気を誇りました。王者の凱旋といえるでしょう。

[写真]
雅
--------------------------------------------------------------------------

(記者:藤井)

この記事のURL | ラーメン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。