FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
メガらーめん
2008/06/26(Thu)
食べきれないほど大きなラーメン、これは敢えて、男のロマンと言わせていただこう。

その名も「メガらーめん」!
これには、メガ(目が)点になった。実は今日、喜多方のラーメン店で遭遇したのである。

かつて大食いがもてはやされた頃には、特盛のようなものは珍しくなかったが、
最近、めっきりと見なくなったと思っていた矢先であった。
値段は1,500円。丼はすり鉢である。(笑)
驚いていたら、店員さんに声をかけられた。
「しょうゆ・みそ・塩 どれでもOKです。」

もちろん、私はOKではなかったので、今日は注文しなかったのだが…。

驚くなかれ、その商品の、更に上をいくラーメンを発見した。
その名は「巨大つけ麺」!
なんと表現したら良いのか、ただただ、ラーメンの山である。
素敵な写真と1,900円の価格設定には呆然。あやうく注文を忘れるところだった。

店員さんによれば、結構食べる人がいるという。
挑戦した人の写真が、飾られている。

僕は今のところ、そのコレクションには加われそうもない。
男のロマンは、結構勇気が必要だ。



(記者 藤井)
スポンサーサイト
この記事のURL | 観光情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たかさと交流レガッタ
2008/06/24(Tue)
15日(日)にたかさと交流レガッタが開催されました。市内外から50クルーが出場して、熱いレースが繰り広げられました。ボート初心者の皆さんやボート部OB、OG、地域の方々がボートを通じて交流を深めた意義ある大会となりました。千葉県香取市、仙台市、新潟市からも参加がありました!
高郷町では、秋に行政区対抗の大運動会がありますが、このレガッタのオープニングは、運動会種目の行政区対抗レガッタです。各行政区は運動会で総合優勝するため、このレガッタで点数を獲得しようと本気モードで出場します。
私も、地区の若い衆と出場しました。レスリング部の高校1年生の男子は、初めてのレースでしたが、小・中学校とボート体験をしてこともあって、何とか漕ぎを合わせることができました。
そして、なんとか行政区対抗で1位となり10点を獲得しました!この10点が、総合順位に大きく左右することでしょう。

さて、8月9日、10日に「喜多方シティレガッタ」が開催されます!「喜多方」が冠についたレガッタ!私たち愛好者にとっては、なんとも感慨深いものです。これを機会にボートを楽しんでいただきたいものです。
それでは、皆さん、喜多方シティレガッタでお会いましょう!

(記者:肉体派俳優)

↓いい写真でしょ。ボートの魅力は、大自然の中漕ぐ爽快感と仲間との一体感です。これを体感したい方は、喜多方にお越しください。ボートでおもてなしいたします。

023
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日中線記念館 part2
2008/06/23(Mon)
旧日中線 熱塩駅が記念館として残され、たくさんの方が訪れてくださってい
ることを書きました。そこにある寄せ書きノートから少し紹介させていただき
ます。

「平成19年4月14日
 赤毛のアンの降り立った ケンヂントン駅のような
 味わいのある駅でした。」

そうですよね。日本の建物は、1間、1尺、1寸という単位で造られています
が、この記念館は駅舎ではめずらしいメートル法で建てられているものなのです。

もうひとつ紹介します。仕事を始めてまもない方だったようです。

「・・今日は休みだったので、村を歩こうと思いたまたまここに立ち寄りました。
 とても古い駅でびっくりしました。
 なんだかすごくおちつきます。
 あまり人がいないので仕事でおちこんだときや心配事があるときはここに来
 たいと思います。
 いつまでもこの駅が存在しますように。By16歳」

そして、励ましが3人の方から寄せられています。
 
「仕事はつらいこともあるでしょう。そのときはじっとくちびるをかんでたえ
 てください!きっと明日は来ます。」
「ガンバレヨ!東京から来た KYさん」
「いろんな人も同じように ここで元気もらってる!!がんばれ~!!」

いかがでしたか?こころが疲れちゃったら、喜多方にきて元気をもらってく
ださいね。

ところで、ケータイなんて無い、昔の駅には「伝言板」があって、
「3時まで待ちました、帰る」とか「駅前の喫茶煉瓦にいます」とか当事者たち
にしかわからない文字の会話がありました。いろいろな人の生き方が見えるのも
駅ですね。

最後にニュースです。
6月29日 地元の有志による、ラッセル車(キ100)の清掃と
ミニライブが行われます。

お問合せは喜多方市役所熱塩総合支所(0241-36-2115)へどうぞ。


(記者 房ちゃん)
kinen.jpg
この記事のURL | 観光情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美しい景色とブルーベリー(森姫農園)
2008/06/20(Fri)
先日、「森姫農園」にお邪魔してきました。

森姫農園

「森姫農園」とは、喜多方市熊倉町にある農園です。
絵本作家である千世繭子さんが移り住んできて、リンゴやトマトやブルーベリーなど
いろんな農作物の畑などを作って楽しく暮らしているところです。
小高い山の中腹に位置しているので、会津の雄大な自然が一望できます。

そんな素敵な「森姫農園」でかわいらしいブルーベリーを見つけました。
ブルーベリー

千世さんが愛情を注いで育てたブルーベリーが
かわいらしい実をつけていました。
まだ、色づいてはいませんでしたが、
来月上旬には収穫を迎えられるとのこと。
絵本作家でありながら、おいしいスイーツづくりの才能も持ち合わせる
千世さんの手によりおいしいデザートに生まれ変わることを心待ちにして・・・

こんな素敵な「森姫農園」に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
会津盆地とブランコ(森姫農園から)

(さいとー)
この記事のURL | 観光情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
他人事ではありませんね
2008/06/18(Wed)
6月14日に「岩手・宮城内陸地震」が発生しました。
宮城県栗原市役所の知人から被害の模様が送られてきました。
10月からの「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」を控えたこの時期の地震は
さぞかしダメージが大きいことと思います。
しかし、人ごとと思っていてはいられません。もし喜多方が大きな地震に見舞われたら・・・
多くの蔵がダメージを受ける危険性もあります。
これを機に喜多方の財産である「蔵」の維持について真剣に考える必要がありそうです。


(記者 鉄のたまご)
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この花は・・・
2008/06/17(Tue)
この花、なんだか分かりますか?

そばの花

このかわいらしい白い花は、そばの花です。

そばというと、10月中旬ごろが新そばの季節でありますが、今花をつけているそばは、いわゆる夏そばです。このかわいらしい花は、1か月程度咲いていますので、喜多方のあちこちで心を癒すうつくしい光景に出会えます。
そば畑【飯豊山を背景に・・・】

このまま順調に生長すれば、7月下旬ごろから収穫時期を迎えます。
暑い夏に、冷たく、そしてほんのり甘いそばで、おなかと心を満たしてみるのはいかがでしょうか?

(さいとー)
この記事のURL | 景色情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
SL
2008/06/16(Mon)
今更ですが、SLばんえつ物語号の「SL」とは
「Steam Locomotive」の頭文字をとったものなんですね。
つまり、蒸気機関車ってことです。

私は線路の近くに住んでいるので、週末になると
汽笛の音や煙を出しながら走っている姿を見ることができます。
年配の人は懐かしく思い、子どもたちは動きや
力強さが面白くてたまらない、といったところでしょうか。

蒸気機関は、蒸気タービンなどとして
現在でも様々なところで使われています。
200年前の産業革命で発明された技術が、今でも現役。
この発明が、技術史上でどれだけ素晴らしい発明だったのかが
分かります。

喜多方にお客さんを運んでくれるSLを見ながら
そんなことを考えている私でした。

ところで、本当に石炭をくべている姿も見ました。
あのスコップみたいなもので。感動ものです。ナイスSL


(記者 藤井)
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
交流レガッタ
2008/06/13(Fri)
朝起きたら体が痛い!
前の日、喜多方市高郷町の荻野漕艇場で開催される交流レガッタ(競技ボート)に参加するため、ボートの練習をしたためだ。
日頃、怠惰な生活でまったく運動をしていないつけがまわり、筋肉痛になったのだ。
このレガッタ(競技ボート)は、想像していた以上に全身を使うハードなスポーツであった。
4人のこぎ手が息をあわせ、オールを漕いでボートを進ませるのだが、バテバテの私は、みんなのタイミングに合わすことが出来ず、ボートを進ませるどころかブレーキをかける始末である。
この勇士を、同僚に嘲笑され、散々な結果の練習となってしまった。
残念(不安)なことにボートを漕いで練習する時間がないため、ただイメージトレーニングを積むだけである。6月15日(日)の交流レガッタの本番は、足手まといにならないよう神に祈ろう。(奇跡が起こることを期待するのみ。)

ニックネーム 痴的係長
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小学生
2008/06/12(Thu)
日差しも強くなってきた最近の喜多方では、
最近よく小学生のグループを見かけます。
礼儀正しく、大きな声で挨拶をしてくれる子もいます。

地元で社会勉強をしている子ども達もいれば、
遠くは東京方面や仙台市などから、
修学旅行で来ている子ども達もいるようです。

微笑ましいのは、その会話です。
ラーメン店で昼食をとっていた時のこと。
「結構いけるよ、ここのラーメン。」と大きな声のA君。
「何軒回ったの? あと何軒いくの?」とB君。

みんなマップやガイドのチラシを持って、
一生懸命、これからの計画を立てています。

おおよそ小学校時代は、団体行動ばかりだったような
気がする小生ですから、今どきの子ども達の
行動力には脱帽してしまいます。

どうかみんな、喜多方ラーメンを沢山食べて、
喜多方を好きになってくださいね。
そしてまた、食べに遊びに来てください。


(記者 藤井)
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旬!
2008/06/11(Wed)
さくらんぼ2
さくらんぼ
 私が果物の中で一番大好きな物…それは、「さくらんぼ」おいしいですよね。^_^v
 先日、家族で隣町にサクランボ狩りへいってきました=3
 早い所では6月上旬からサクランボ狩りができます。今の品種は「佐藤錦」甘くておいしい。個人的には大好き!
 お昼をおにぎり1個ですませて、40分1本勝負へ….
 時期的にはまだちょっと早かったけど、子どもたちには大好評で大はしゃぎ。あっちこっちに歩いて “こっちに赤いさくらんぼあるよ”とジャンプしながら私たちに教えてくれました。中には手の届くところに実があるので、慎重に枝を折らないように採っている姿がかわいかったです。
 お腹いっぱい食べて…も~ごちそうさまです。が、これからは、桃、梨、ぶどうと夏から秋に向かってまっしぐらです。すごく楽しみです。
 喜多方市内には果物狩りができる場所があります。みなさんぜひ、堪能してみてはいかがですか。
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うちの近所
2008/06/10(Tue)
私の住んでいる熱塩加納町の田んぼには
今年もアイガモちゃんが泳いでいます。

田んぼの土手は、ちょっとした立見席になり、
子供達がアイガモちゃんに話しかけています。
子供達に見られていると、アイガモちゃんも
おすまししながら得意気に水辺を泳いでいます。

アイガモが田んぼでなぜ泳いでいるのか、
まだ小さな子供達には分からないけれど、
いつか大人になって健康ということを考えた時、
この風景が目の前に現れてることでしょう。

アイガモちゃん、今年もありがとう。


(記者 アイガモファン)
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
観光ネットワーク 鋭意製作中
2008/06/09(Mon)
「きたかた観光ネットワーク」という刊行物(チラシ?)をご存知でしょうか。
今のところ、喜多方市内と北塩原村内を中心に配布していますので、
見たことのない方もいらっしゃると思います。

このチラシは、四半期毎に発行され、観光協会のトピックスやイベントの情報を
詳しくお知らせする、いわば喜多方観光のフリーペーパーのようなものです。
目下、2008年夏号を作成していまして、7月1日の発行予定です。

広報誌などではお伝えできなかったお役立ち情報が満載ですので、
ぜひご活用いただきたいと思っています。
(特に、季節毎にまとめられたイベント情報は秀逸です)

そして折角なので、今後は観光協会ホームページでも公開し、
市外の方々にも活用していただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

きたかた観光ネットワーク35号、まもなく発車です。


(記者 藤井)
この記事のURL | 観光情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さつきまつり開催中!
2008/06/06(Fri)
さつきまつり


「本日より、第37回蔵のまち喜多方 さつきまつり 絶賛開催中!!」
ということで、早速、会場に行ってまいりました。
美しい佇まいのさつきが会場いっぱいに展示されておりました。

「ほぅ、素敵・・・」
おもわずうっとりであります。

会場は「蔵の里」という観光スポット。
いくつもの蔵がつくりだす、落ち着いた空間にさつきの花々が映えます。
本日から6月9日までのさつきまつり期間中は、
通常大人400円の入場料のこの施設が無料となるのも魅力のひとつ

今週末、喜多方観光にお越しの際はぜひお立ち寄りください。
詳しくはこちらをクリック


(記者 和泉ちゃん)
この記事のURL | 観光情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グリーン・ツーリズムのツボ
2008/06/05(Thu)
トチアップ


これは一体なんだろう?って思った方これは一体なんでしょう。
手のひらのように広がった葉が特徴的ですね。
これは、5月に山都の中反地区で桐の植栽をしてた時に、山の中の栃の実を拾ってきて土の中に埋めてたものです。写真の真ん中に栗の実みたいな残骸があると思いますがそれから芽がでてきました。
生命の力とはすさまじいもので環境さえ整えばぐんぐん成長します。
成長するとだいたい25mくらいまで大きくなるといわれていて、沢沿いで肥沃な土地を好みます。実はたべられますが、昔は飢饉時の非常食として、何日も灰につけ清流に浸しアクをとり、餅にまぜて食べていたそうです。一部の地域では栃餅として残っています。独特の粘りがでてひじょうにおいしいです。近年では、花の蜜を目当てに養蜂箱を置いたりもします。
何故、こんなことをしているのかというと、大きくなったらまた山に戻しにこようかと思っています。
また、いきたくなる旅、それがグリーン・ツーリズムのヒントになるかもしれません。

(記者 一木一想)
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千載一遇のチャンス!
2008/06/04(Wed)
喜多方を全国にPRするチャンスが明日に迫りました。
NHKのお昼の生番組「ふるさと一番!」で「ボートのまち 老いも若きも楽しんで!」というテーマで、高郷町の荻野漕艇場でボートを楽しむ人や、地域活動を行っている皆さんの様子が全国放送されます。
私も、ボート愛好者としてお話しする機会を頂きました。昨晩はなかなか寝付けませんでした・・・。恥ずかしいィィ~!でも、せっかく頂いた機会なので、「ボートのまち喜多方」を全国にPRしたいと思っています。

「喜多方はラーメンは美味しいし、温泉もあります。農業体験やソバ打ち体験など体験メニューもいっぱいあります!今年の夏休みは、家族や友達と喜多方に遊びに来てくださ~い!待ってま~す!」

最後の締めくくりのコメント、こんな感じでいいですかね。話せるか心配です・・・。

皆さん、ぜひご覧下さいね。この結果は後ほど写真などをアップしたいと思います。
6月5日(木)12:20~12:43 NHK総合 乞うご期待!

(記者:肉体派俳優MT)
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボート乗り初体験
2008/06/03(Tue)
 私たちが住んでいる喜多方にある荻野漕艇場で、一度は体験してみたいと思っていた事が実現できました。99.9%転ぷくしない舟ということでしたが、最初はおそるおそるでした。オールの使い方も頭では理解しても、実際には思うように動かず、悪戦苦闘の連続。
 指導してくださる若い先生も、最初から最後まで口の方は疲れを知らないおばさん達をおだてながら、なんとか進むことができました。
 川の中から電車を見る風景もかくべつでした。
 ほどよい(?)疲れと達成感に満足し、その後の温泉でゆっくり休み、充実した一日でした。また挑戦したいです。


(記者 おしゃべりMS)
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪国の春観光は、穴にご注意?!
2008/06/02(Mon)
remi_20080602140349.jpg

この写真、皆さんはお分かりになるでしょうか。
そうなんです、道路の補修跡です。

雪国では、冬期間の路面凍結や除雪の影響で
どうしても路面が傷みがちなんです。

そこで、市内の駐車場を気持~ち良く使っていただくために、
なんと自分たち(観光協会職員)で補修工事を行ったんです。

市内数箇所を、レミファルト転圧器ってもんで
ガガガガッとやりました。

結果、もう穴はなくなりました。色が違うのはご愛嬌です。
皆さん、安心して喜多方へおいでくださいまし。


(記者 藤井)
この記事のURL | 観光情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。