FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
震災後の喜多方
2011/03/22(Tue)
3月20日、私も喜多方市の避難所になっている押切川体育館へ行ってきました。
冬まつりで賑わった体育館も、今は多くの方の生活拠点に…
1ヶ月前には想像できなかったことです。
喜多方の避難所は、シャワーが使用可で日帰り温泉への送迎があるなど、
条件は比較的いいようです。
コインランドリーやコンビニ・スーパーも、歩っていける距離にあります。

さぁ、そんな中で夕食を終えた親子が、物資班の私に近づいてきました。
聞くと、あの南相馬市からいらっしゃったとのこと。

「勉強をしたいので、段ボールをもらえませんか?」
「机にしたいんです」

頭をハンマーで殴られたような感じがしました。
私はガムテープと固い段ボールを渡しました。
こんなときでも、勉強を忘れてはいなかったのです、涙。
段ボールの机で勉強したことを、その子は一生忘れないでしょう。


…当然ながら、観光イベントは軒並み自粛しています。
しかし、いつまでも、全てのイベントが中止ということではありません。
震災復興に繋がるようなイベントは、いずれ実施されていくでしょう。


先ほど市役所前で環境放射能モニタ車を見ましたが、福井ナンバーでした。
あまりなじみがありませんが、福井県は福島県以上の原発立地県です。
ちなみに喜多方市の測定値は、県内でも南会津地域の次に低い値となっています。


取り留めのないことを書かせていただきましたが、
喜多方で新しい希望を掴むお手伝いを、少しでもできればと考えています。

(記者 藤井)

スポンサーサイト
この記事のURL | 震災情報 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。