スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ご卒業おめでとう!!(福大付属小)
2012/03/15(Thu)
昨年の10月末、喜多方を訪れたのは100名を超す福島大学付属小学校の皆さんでした。

原発事故の影響で、今よりも、もっとどんよりした空気が、喜多方市内をも覆っていたように記憶していますから、学校がある福島市はいかほどだったでしょうか。
内心、少し気の毒だと思ったことを記憶しています。

しかし、さすがに県内を代表する優秀な生徒が集まっている付属小の生徒さん。
熱心に話を聞いてくださいました。
後日、感謝文までいただいたのです。これには心があたたまりました。

思い思いの言葉で、イラストも交え、しっかりと書いてありました。
連日、全国で報道される『福島』が正に学校名に入っているんだもの。
そのプレッシャーは、かなりあったと思います。

そして今日、2度目のお便りをいただきました。これには心底感動しました。
卒業の報告です。本当におめでとう!!

僅か1~2時間の触れ合いだったにもかかわらず、最後まで一期一会を大切にしたアフターフォローまで行う教育。
なるほど、皆さんが優秀に育つはずだなぁ、と感心しました。
きっと、また喜多方を訪れてくれるでしょう。

僕も、福島市に行きますよ。知る人ぞ知る『だんごや』とか、好きな場所があるんです。

(藤井)



スポンサーサイト
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今週末は「川の祭典」で「太鼓台競演」も間もなく
2011/07/28(Thu)
お久しぶりです。
喜多方の避難所は閉鎖になりましが、まだ数百人の方が
それぞれの生活をされているようです。

いろいろとあるご時世ですが、早朝から製麺屋さんの車が走り、
ガイドブックを持ちながら町を散策する観光客の皆さんの姿が
少しずつ戻ってきました。ありがたいことです。

グローバルな時代といっても、喜多方の人たちはあまり動じてはいません。
むしろ元気です。少なくても私は。

どうせお腹が空くなら、今日も美味しいラーメンをと、
せっせと煩悩を解消しております。(笑)

(記者 藤井)
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きらり博はハイボールなり。
2010/09/15(Wed)
「スキルの棚卸し」なんて言葉が頭に残っているのは、
私だけではないと思います。
しかも、あまりさわやかな印象ではありませんが(笑)。

能力を発揮するチャンスがなく、封印されたままであれば、
その能力が表面化することはない。ポテンシャルで終わってしまう。
ということらしいんですが、
まもなく、2年目のシーズンを迎える「きたかた喜楽里博」は
「観光資源の棚卸し」なんじゃないかと思っています。
これは、さわやかな味わいですよ。

今まであったものを、違う切り口で楽しんでみる。
ハイボールがウイスキー熱を再燃させたように、
つまり喜多方観光がウイスキーできらり博がソーダ水。
割って飲むと、とても飲みやすくなる。

お客様、どうぞきらりメニューをご覧ください。
きらり博の魅力やうんちくを書き連ねて、ちゃんと目立たせてありますよ。
みんべぇと一緒に、オシャレなグラスに入ってマス。なんてね。

(記者 藤井)



この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つれづれなるままに
2010/05/04(Tue)
4月は体調を崩したこともあり、更新はできませんでしたが、
みんなで投稿して盛り上げているこのブログはなかなかのものです。

できることなら、今年中にブログの引越しをしたいとも思っているんですが、
机の上には書類が山積み…なんとかする方法はないでしょうかね?(笑)

やりたいことも溜まってきました。
ここいらで、ちとやってみますか。


(藤井)
この記事のURL | エッセー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドラクエと観光
2009/08/06(Thu)
こんにちは。最近のマイブームはドラクエ9ですよ、やっぱり。

ドラクエにはまっていて、更新が遅れたわけではあ~りませんが、
おひさしぶりぶりです。

ドラクエの世界観って、その多くは中世のヨーロッパって感じなんですよね。
つまり、「日常生活とはかけ離れた世界」をバーチャル体験できることが、
オモシロイと感じるのだと思います。

そこで喜多方のことを考えると
ヨーロッパじゃなくて、こてこての日本なんですけど、
「日常生活とかけ離れる」ということにかけては、同じなんじゃないかと思います。

・食堂といえば、ラーメン屋がやたらと多い町なか
・観光スポットといえば、大抵が蔵造りの建物
・道を尋ねれば、なんだか親しげな人々

これだけをとってみても、都会とはだいぶ違うわけでして、
そういう意味では、ぜひ車を降りて歩いて観光していただきたいと
思うわけであります。

実は、そんな兆候がないわけではないんです。
最近個人的に思っているのは、1人歩きの若い女性が増えてきたな~
ということなんです。

これが歴史ブームのなせる業なのかどうかは分かりませぬが、
人生の楽しみ方は、女性の方が上手なのかもしれません。
きっと経験値が上がって、レベルアップした観光客マスターになるんでしょう。

明日は米沢牛たべるぞー!(藤井)
この記事のURL | エッセー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。